にわかじこみの一般人。

おすすめの漫画・ゲーム・映画などをわかりやすく紹介していきます。

【ネタバレ感想】ワールドトリガー 第198話・第199話

第198話「B級中位最終戦②」

f:id:wagcus:20200804231020j:image

f:id:wagcus:20200804231029j:image

カトリーヌ、強っ!?

那須、諏訪、と両チームのエースをたった一人で両方撃破する香取!

本気出した香取がこんなに強かったとは!!

まるで遊真です。

ていうか接近戦での凄まじいスピードで繰り出す機転と発想力を見るに、まんま遊真と同じタイプのアタッカーなんじゃないですかね、実は。ぜひ絶好調のときに遊真とサシで再戦してほしい。

 

スパイダーは相手に直接打ち込んで足止めするって使い方もあるんですね。というか、こっちが本来正しい使い方なのかな?

 

f:id:wagcus:20200804231052j:image

両チームのエースを一人で仕留める香取もすごいけど、

そんな超強い香取を倒すのが 堤さん ってのがまたイイ。

さらにその堤さんを冷静沈着な 日浦 がしっかり仕留めるという。

 

堤さんみたいな地味な人も、日浦ちゃんみたいなあまり賢いイメージがなかった娘も、全員デキるし強いし賢いのがやっぱこの漫画のすごいところだ。

 

ワールドトリガー 22 (ジャンプコミックスDIGITAL)

ワールドトリガー 22 (ジャンプコミックスDIGITAL)

  • 作者:葦原大介
  • 発売日: 2020/06/04
  • メディア: Kindle版
 

第199話「B級ランク戦終了」

f:id:wagcus:20200804231106j:image

香取の「別にあんた1人のせいじゃない」って台詞、めっちゃいいですね。

「あんた一人のせい」でも「あんたのせいじゃない」でもなく、「あんた1人のせいじゃない」。

香取はヤな奴に見えるけど、自分にも他人にも素直でフラットなだけなんですよね。

香取隊は最初登場したときは、この漫画で唯一ギスギスしてて嫌なチームだと思ってたけど、だんだん好きになってきたぞ。もっと香取隊の試合を見てみたいぞ。

 

f:id:wagcus:20200804231119j:image

なんなの この中華屋イケメンしかいない んだけど。

カンダタが思った通りの好人物なのが良い。彼が現役のところをぜひ見たかった。

 

弓場隊や那須隊の日常描写。

このヌルさがこの漫画の欠点でもあり、良さでもあるんですよねぇ。

「脱隊して一般の大学へ進学」とか「引っ越してしまう女の子の思い出づくり」とか、命がけでインベーダーから世界を守る組織がそんなにヌルくていいのかなぁとも思うし、この優しい空気感がワールドトリガーの良さでもあるよなぁとも思います。

 

f:id:wagcus:20200804231131j:image

さて、次回、迅さんが会わせたい人とは…!?

 

ていうか、これでもう次は遠征編が始まると思ってたんですが、まだ遠征選抜試験編ってのがあるんですね。

ってことは、遠征選抜試験編 → ガロプラ編 → 大規模遠征編って感じなんですかね。

 

おや…?思ったより、遠征編が始まるのは先の話っぽいぞ…??