にわかじこみの一般人。

おすすめの漫画・ゲーム・映画などをわかりやすく紹介していきます。

【読んだことない人へ捧ぐ】20世紀少年 が面白い3つの理由

20世紀少年

f:id:wagcus:20180731010638j:plain

はじめに断っておくと、俺の漫画の評価基準は、

「総合点」ではなくて「最大瞬間風速」だ。

だから、後半がどんなにグダグダになろうと、終わり方が駄作だろうと、

前半が一生忘れられないくらい凄まじく面白かったら、

その漫画は永遠に上位に君臨し続けるんだ。

 

 

 

あらすじ

1997年、幼い頃はみんなのリーダーとして羨望の眼差しを集め、青年時代は大ヒットを夢見てバンド活動に明け暮れていた遠藤ケンヂは、今は夢破れ、失踪した姉の残した赤ん坊を背中に背負いながら、実家のコンビニの店長として働き、客に頭を下げる日々が続いていた。そんなある日、小学校時代の親友の一人、"ドンキー"が亡くなったという報せを受ける。ドンキーの葬式に赴き、幼い日々の自分たちに思いを馳せるケンヂ。時を同じくして、ケンヂのお得意先である「敷島教授」の一家が謎の失踪を遂げる。空き瓶の回収のため敷島家を訪れたケンヂは、そこで幼い日に見覚えのある『あるマーク』を目にするのであった———。

 

 

① 張り巡らされた伏線と衝撃的なストーリー展開

さて、不穏なプロローグと唐突なあらすじではじまった今日のレビューだが、

あらすじを読んでもどんな話だかさっぱりわからないだろう。

俺もわからなかった。

 

普通、面白い漫画やヒット作っていうのは、第1話の時点ですでに面白いもんだ。

少なくとも、1巻読み終わる頃には、「あぁ、こういう話か」ってわかる。

 

ところが、この「20世紀少年」は、

1巻読み終わってもどんな話なのかさっぱりわからない。

 

ただまぁ、「YAWARA」や「MONSTER」で大ヒットを飛ばした浦沢直樹の作品だし、

なんか懐かしい雰囲気がどこか病みつきになるから、

もう1巻だけ読み進めるか。と思って、2巻も読んでみる。

2巻ももう終わるなーという、その終盤にさしかかった頃———

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「———————————ウッソだろ、おい!?」

 

 

 

 

正直、このページで「ロンドン」というワードが出てきたときの、

この漫画がどういう話かはじめて解かった時の衝撃は未だに忘れられない。

 

この最初の「ロンドンの衝撃」*1 をはじめとして、

この漫画は張り巡らされた伏線と衝撃的な展開のオンパレードだ。

「伏線漫画」といえば「20世紀少年」と言っても過言ではないくらい、

背筋がゾクッとする瞬間があらゆるところにふんだんに仕込まれている。

 

・幼少期に登場したあいつ、中盤に失踪したあいつが、ここで出てくるかよ!?

・あのとき伏せられてた謎が、こんな形で明らかになるのかよ!?

・うわ、あんときのアレって、そういうことだったのかよ!?!?

この漫画を読んでいたら、こういった叫び声が止まらない。

実際、初見で読んだとき、俺は何回も声に出して「うっっっわ!!!」って言ってた。

 

今回のレビューは3つの魅力じゃなく、たった1つに集約しようかと正直思った。

20世紀少年の魅力はこのたった一つと言っても間違いじゃないと思う。

その代わり、そのたった1点において、ありえないほどズバ抜けている。

 

「張り巡らされた伏線」と、それによる「背筋がゾクッとする衝撃的な展開」

これらを求める人には、もう何も言わずに黙って読ませたい衝撃作だ。

 

 

② 胸をしめつけられる懐かしさ

さて、もう2つ、この漫画の魅力を挙げるとしたら、

1つは、子供時代に対するノスタルジーとその切なさだろう。

 

この漫画は、1997年の現代と、

彼らの小学生時代である1970年の回想を行き来する形で物語が進んでいく。

 

未来への夢ばかりがあふれていたあの頃、

あの頃夢見ていた大人たちに、俺たちはなれなかった。

今、俺は一体、何をやっているんだろう———。

 

主人公の抱くこの想いに、読者は読んでてめちゃくちゃ胸を締め付けられる。

 

主人公と同世代の人は、

「この気持ちは俺たちの世代じゃないとわかんないだろう。

 他の世代の人はこの漫画を読んでて楽しいのか」

と思うかもしれないが、*2

 

1984年生まれの高校生が、2001年に読んでも、痛いほど胸が締め付けられた。

この幼少期の無邪気な自分に対する罪悪感と切なさは、

生まれがいつで、今何歳かは、きっと関係ないんだろうな。

 

 

③ 得体の知れない謎に対する不気味さ

2つ目は、この漫画の独特の「怖さ」だ。

 

この漫画は、ゾンビや幽霊が出てくるわけじゃない。

急に殺人鬼が物陰から出てきたり、見開きで怪物が襲ってくるわけじゃない。

 

なのに、怖い。

どことなく流れる得体の知れない不気味さが、めっちゃ怖い。

 

この漫画のラスボスは「ともだち」っていう新興宗教の教祖なんだけど、

この「ともだち」がめっちゃ怖い。

そもそも「ともだち」って何!?意味わかんない。

 

顔もわからない、名前もわからない、誰かもわからない、

何を考えているのかもわからない、何をしようとしているのかもわからない。

 

彼の取り巻きの異様な一体感や狂信も不気味だし、

信者たちの異様な行動もめっちゃ不気味。

 

こういった「わからないものの怖さ」を描かせたら、

浦沢直樹は本当に一級品だ。

このクソ暑い中ちょっとでも涼しくなりたかったら、

ぜひこの漫画を読むことをお勧めするよ。

できれば暗い夜に、部屋で1人で、12巻まで、ね?*3

 

 

まとめ

まとめると、

誰もが持つ子供時代の懐かしさと切なさ、

そして得体の知れないものの持つ怖さを不気味さをスパイスにして、

張り巡らされた伏線衝撃的な展開、その面白さを極限まで突き詰めた漫画。

ってところか。

 

 

結びに

この漫画、12巻~13巻くらいまでの面白さは間違いなく保証する。

但し、その後、その謎を解明してしまうか、

謎は謎のままにしておくか、

その判断は貴方に委ねます。

 

そして、その結果には、当方は一切責任を負いませんよ?

あしからず。

 

 

~バティ漫画ランキング(少年時代編)第5位『20世紀少年』~

*1:俺が勝手に呼んでるだけ。実際にはこんな呼称はない

*2:実際にそんなレビューがネット上に幾つか散見された

*3:"あの"演出があるのは初版のみなのかな?だとしたら残念