にわかじこみの一般人。

おすすめの漫画・ゲーム・映画などをわかりやすく紹介していきます。

【ゲーム】聖剣伝説3 の オススメのパーティーとクラス

聖剣伝説

 

Q:聖剣伝説3のオススメのパーティーとクラスを教えてください

 

A:聖剣伝説3はものすごく難易度の低いゲームです。貴方がドラクエやFFといった普通のRPGを問題なくクリアーできる実力をお持ちなら、どんなパーティー・クラスの組み合わせにしても、難なくクリアーできるでしょう。*1


ですので、私のオススメの遊び方は、1周目は何も前情報を入れずにフィーリングだけでパーティーとクラスを選び、その経験と反省から「次はこういう組み合わせがいいな」と考えながら攻略情報を見て2周目のパーティーとクラスを選ぶ、というものです。これが一番『聖剣伝説3』というゲームを純粋に楽しめると思います。

 

ただ、貴方が、「普段ドラクエやFFでも苦戦するほどRPGが苦手なんです」もしくは「2周なんかする気はない。最短でエンディングを見たいだけだからとにかく楽にクリアーできる組み合わせをさっさと教えろ」という人である可能性もあるので、そういう人向けに以下にオススメのパーティーとクラスの組み合わせを記しておきます。

 

聖剣伝説3』において「最強のパーティーは何か」という問いであれば、これよりもっと強いパーティーは幾らでも存在します。ですが、「全編通して最もスムーズにゲームを進められるパーティーは何か」と考えたときに、以下の組み合わせ以外は絶対にありえません。これ一択です。

 

 

ケヴィン(デスハンド)- リース(スターランサー)- シャルロット(ビショップ)

 

 

以下に理由を解説します。

 

聖剣伝説3』というゲームをスムーズに進めるために重要なものは、優先順位が高い順に以下の通りです。

① 強力な物理攻撃能力
② 全体ヒールライト
③ 能力アップ・ダウン魔法
④ セイバー魔法
⑤ 敵を沈黙させる技・魔法


このパーティーであれば、このうち①~④がクラス2の時点で全て揃います。

 

聖剣伝説3』で理想のパーティーとクラスを論じるとき、しばしばクラス3時点での性能だけが論点となりますが、このゲームをスムーズに進める上で重要なのは、むしろクラス2時点での性能です。なぜなら、無理なレベル上げなどをせず、普通のペースでゲームを進めていった場合、クラス2でいる時間が一番長くなるからです。

特に、後半戦の大部分を占める8体の神獣との戦いは、そのほとんどをクラス2の状態で戦い抜くことになります。神獣と戦う上で、ケヴィン(バシュカー)の高い攻撃能力と、シャルロット(プリーステス)の全体ヒールライトと各種セイバー魔法、リース(ワルキューレ)の能力アップ魔法は非常に有用であり、全クラス2の中で最高の組み合わせです。

 

クラス3になればさらに⑤も揃います。能力アップ魔法も全体掛け可能になります。

 

 

ケヴィンについて

ケヴィンは最も攻撃力が高くなるデスハンド一択です。デルウィッシュのムーンセイバーも強力なのですが、ケヴィンはちまちまと魔法を唱えている暇があったら1でも高い攻撃力で1発でも多く殴った方がいいです。

というか、デスハンドが強すぎます。デスハンドがパーティーに入った時点で、他がどんな組み合わせだろうとたちまちヌルゲーと化します。ゲームバランスが崩壊するレベルで強いので、刺激を求める人には逆にオススメしません。

もちろん、スムーズにクリアーしたいなら、最優先で入れるべきクラスです。

 

 

リースについて

リースは能力アップ魔法を全体掛けできるスターランサーにします。「能力アップ魔法はバイゼルで買えるアイテムで代用可能なのだから、能力ダウン魔法を使える闇のクラスの方がいいのでは?」と言う人もいますが、そもそもバイゼルに足繫く通ってちまちまと買い物をしなければならない時点で『スムーズにクリアー』とは程遠いです。

また、能力ダウン魔法より能力アップ魔法の方が圧倒的に使い勝手が良いです。味方全体にパワーアップを掛けるのと敵全体にプロテクトダウンを掛けるのでは、一見結果は同じですが、魔法は画面内のキャラクターにしか効果はないので、敵に掛ける場合、画面外から新たな敵が現れたときには再度魔法を掛け直さなくてはなりません。これは想像以上に面倒です。その点、味方に掛ける場合は戦闘開始時に同時に掛けてしまえば、戦闘終了までずっと効果は続きます。そして何より、カウンターの恐怖と無縁です。

ボス戦もザコ戦も、戦闘開始時に全体パワーアップを一回掛けるだけで戦闘時間は半分くらいになります。特に、このゲームはボスよりザコの方が強いので、ザコ戦で全体パワーアップを使い放題なのは非常に強力です。

とにかく全体パワーアップの快適さは一度使えばやみつきになります。スターランサーは『スムーズにクリアー』というテーマの下では絶対に欠かせないクラスです。

 

 

シャルロットについて

シャルロットはアンデッドを一掃するターンアンデッドを習得できるビショップがいいでしょう。特にケヴィンかシャルロットが主人公の場合、ラストダンジョンがアンデッドだらけなので猛威を振るいます。ラスボスもアンデッドです。精神もセージより上なので回復量も上がりますし、力もセージより上なので微々たる差ですがダメージソースとしての貢献度も上がります。詠唱速度も一番速い気がします。セージはセイバー魔法を全体化できるという利点がありますが、神獣を倒してしまった後にセイバー魔法が全体化できてもあまり旨みはありません。セージでも問題なくクリアできるのでそれでもいいですが、ビショップの方があらゆる点で優っているのでビショップをオススメします。

シャルロットの闇のクラスは、クラス3のネクロマンサーが「ブラックカース」というゲームバランス崩壊レベルの反則的に強力無比な魔法を覚えるので非常に強いですが、クラス2のエンチャントレスが何の役にも立たない召喚魔法しか覚えません。前述の通り、『スムーズにクリアーする』というテーマの下では、クラス2の時点での性能が非常に重要なので、必ず神獣戦で大活躍するセイバー魔法を覚える光のクラスにしましょう。

ブラックカースは確かに強力ですが、単体魔法なのでザコ戦でいちいち使っていられません。さっきも言った通りこのゲームではボスよりザコの方が厄介ですし、このパーティーであれば無理してブラックカースまで習得しなくてもボスは問題なく撃破できますので、総合的にビショップを目指した方が良いです。

ただし、『最終的に最強となるパーティーを目指す』というテーマであれば、一転してネクロマンサーは最有力候補のクラスになります。

 

 

順番

順番にも意味があります。ケヴィンを主人公にすることで、一番簡単なルートであるケヴィン・シャルロットルートに行けます。シャルロットを三番手にすることで、最初のボス戦を3人揃って迎えられます。微々たる差ですが、気にする人はここも順番通りにするといいでしょう。

 

 

Q:シャルロットの代わりにデュランのロードを入れた方が、回復と攻撃の両方をこなせて強いのでは?

デュランはクラス3のロードにすれば全体ヒールライトを覚えますが、それまでのクラス2の間は単体ヒールライトしか使えません。終盤までヒールライトを一人ずつ掛けなければいけないのは非常にストレスです。

しかも、クラス3になって全体ヒールライトを使えるようになっても、回復量はシャルロットの半分程度です。全回復するためには2回は唱えなければなりません。詠唱時間も非常に長いです。デュランの光クラスはあくまでシャルロットがいないときの救済措置に過ぎません。

では、デュランの闇クラスはどうか。シャルロットかリースを抜いて、ケヴィンにデュランを加えてダブルアタッカーにするのもかなり強力ですが、全体ヒールライトと全体パワーアップが揃っているパーティーの方が、強さでも便利さでもわずかに軍配が上がります。やはり、最初に提示したパーティーが最も使い易いと思います。

 

 

Q:スターランサーよりホークアイのナイトブレードの方が強いのでは?

ナイトブレードは確かに強力です。物理攻撃能力はデスハンドに次いで高く、特技も便利なものが充実しているので、最終的なパラメータだけを見たらこのゲームで最強のクラスの一つです。

ですが、それはあくまでクラス3になってからの話です。はっきり言ってホークアイはクラス2まではめちゃくちゃ弱いです。二刀流による2連撃という長所はありますが、基本的に打たれ弱く、攻撃力も低いです。

特技を覚えるのも遅いです。リースがクラスチェンジから最速で特技を覚えていくのに対し、ホークアイの特技が全部揃うのはクラス3へのクラスチェンジ直前です。この差はかなり大きいです。

とにかく、クラス3時点だけを見た『最終的に最強となるパーティーを目指す』というテーマであれば確かにナイトブレードは加入必須なクラスですが、少なくともクラス1クラス2の状態も視野に入れた全編通しての『スムーズにクリアーする』というテーマの下では、光闇問わずホークアイというキャラクター自体を入れるべきではありません。

 

 

Q:アンジェラを使いたいんだけど

アンジェラはこのゲームでは絶対に使うべきではありません。可哀相なことに、このゲームにおいては彼女を加入させるメリットは一つもないのです。

まず、物理攻撃が強すぎて攻撃魔法が出る幕がありません。アンジェラが長々と詠唱している間に、ケヴィンやデュランがその何倍ものダメージを敵に与えてしまいます。

そして何より、カウンターが怖すぎて強力なボスであればあるほど攻撃魔法なんて使えません。おそらく発売当時は何も知らずにアンジェラをパーティーに組み入れて、攻撃魔法を唱えるたびにカウンターを喰らい、その仕組みを知らずに「聖剣伝説3のボス戦は難しい」と嘆いていた人が大勢いたと思います。

あと、アンジェラは打たれ弱いので、同じく打たれ弱いシャルロットと同時にパーティーに組み入れてしまうと難易度が跳ね上がります。しょっちゅうピコンピコンとアラーム音が鳴り響き、回復や蘇生に追われることになります。

なのでアンジェラを入れるならばシャルロットを抜かなければなりませんが、そうなると回復はバイゼルに足繁く通ってポトの油を一生懸命買い溜めするか、ケヴィンかデュランを回復役に充てなければなりません。どちらも得策ではないです。そして、そうまでしてアンジェラを加入させるメリットは前述のように一切ありません。

とにかく、彼女を加入させることはゲームの難易度を上げることにしかつながりません。キャラ愛があれば使うのもいいですが、そうでなければ止めておいた方がいいでしょう。制作者も何を思ってこういう設定にしたのか。彼女自身に罪はないので、とにかく可哀相と言う他ないです。

 

 

聖剣伝説3〈完全攻略編〉 (PERFECT ANALYSIS GUIDE BOOK)

聖剣伝説3〈完全攻略編〉 (PERFECT ANALYSIS GUIDE BOOK)

 

 

*1:ただし、「カウンター」には気を付ける必要があります。

カウンターとは、こちらの魔法やレベル2以上の必殺技に対して、ボスや一部のザコ敵が行ってくる反撃技のことです。

このゲームではこれが非常に強力であり、しかもこちらが連続で必殺技を叩き込めば相手も連続で必殺技を発動してきます。このゲームで「ボスの攻撃が熾烈すぎて倒せない!」という場合の99%はコレが原因です。

特に敵幹部の人間サイズのボスが強力なカウンターを持っているので、彼らには攻撃魔法やレベル2以上の必殺技は絶対に使わないようにしましょう。

 

せっかくのカッコいいレベル2以上の必殺技を物語で一番盛り上がる戦いで使えないのは、勿体ないんですけどね。