にわかじこみの一般人。

おすすめの漫画・ゲーム・映画などをわかりやすく紹介していきます。

【ネタバレ感想】ワールドトリガー 第188話・第189話

第188話「ヒュース⑨」

第189話「雨取千佳⑧」

 

f:id:wagcus:20191205084112j:image

 生駒先輩に「隠し球」の変化弾(バイパー)が炸裂ッ!

これは気持ちいい!

思わず小南先輩と一緒に声出しちゃったよ。

しかも一発KO。

生駒先輩が地味にフェイクをかけた直後だったから尚のこと良かったよね。ただ撃っただけじゃなく、相手の仕掛けた策の更に上を行ったという。

願わくばもう一人ぐらい落としてくれたら良かったけどさすがにそれは無理かー。でもみずかみんぐが邪魔をしなかったらカイくんも落とせてたよね。惜しかった。

ともあれ包囲網の中では一番強いのをキッチリ落としてから離脱するあたりさすがはヒュースです。前回絶望しかなかったけどかろうじて一矢報いましたね。

 

 

f:id:wagcus:20191205084123j:image

さて、そして今後の展開はどうなるのかなと思ったら、仲間の死で千佳ちゃんが覚醒するフラグが。

仲間の死で覚悟が決まってパワーアップなんて、そんな王道展開をこの漫画がするとはね!

でも葦原先生の中ではこのシナリオは決まってたんだろうなー。一個前の試合では、ヒュース無双をして新キャラのヒュースを思いっ切り目立たせる。で、最終戦ではそのヒュースを礎に千佳をパワーアップさせ、最後は元祖玉狛第2の3人で決める!と。

 

どこかの考察で、ジョジョ第3部の最終決戦は、ここまで実力差が精神論でひっくり返ることなどありえないロジカルな頭脳戦心理戦だけでずっとやってきたのに、最後の最後で「怒りで主人公がパワーアップしてラスボスを倒す」っていう少年漫画の王道展開を持ってくるから良いのだ!っていうのを読んだことがある。実際、脚力(キック)は腕力(パンチ)の三倍だから、同等のスタンドの承太郎のパンチとDIOのキックがぶつかり合って承太郎が勝つはずがないんだよね、本来。でも承太郎が勝ったのは、本人が言うように「怒り」という精神論の力。承太郎の言う「てめーの敗因はたった一つだぜDIO。たった一つのシンプルな答えだ。てめーは俺を怒らせた」っていうのは、ただ単にカッコいい決め台詞っていうだけではなく、ジョジョらしからぬ「気持ちで勝った」っていう勝因だったっていう証左でもあるんだよね。

まぁ何がいいたいかっていうと、同じく精神論で勝負がひっくり返ることなどありえなかったロジカル漫画の最先鋒の『ワールドトリガー』の最終戦で「気持ち」を持ってくるのが、同じように熱い!ってこと。気持ちってまさに=気の持ちようで、ここから千佳ちゃんがどうやって活躍していくかが非常に楽しみです。

 

 

今月の余談 ① 

f:id:wagcus:20191205084136j:image

エスクードってこんな使い方もあるんだ!と毎回驚かせてくれるヒュース。

今回のこの車飛ばしも「おぉっ!」ってなりました。

 

 

今月の余談 ②

吹っ飛ばされても落下してもカメラ目線のイコさん 笑。

f:id:wagcus:20191205084153j:image

 

f:id:wagcus:20191205084156j:image

 

 

ワールドトリガー 21 (ジャンプコミックス)

ワールドトリガー 21 (ジャンプコミックス)

  • 作者:葦原 大介
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2019/12/04
  • メディア: コミック