にわかじこみの一般人。

おすすめの漫画・ゲーム・映画などをわかりやすく紹介していきます。

【ネタバレ感想】僕たちの嘘と真実 〜 Documentary of 欅坂46 〜 ファン以外は見てはいけない、ファンも見てはいけない

僕たちの嘘と真実

Documentary of 欅坂46

 

f:id:wagcus:20201013154358j:plain

 

ひたすらに暗い映画

いや〜、

こんなに暗い映画、久しぶりに見たわ。

 

『3年目のデビュー』は、絶望と無力感ではじまった少女たちが、希望と成功へと登っていくまでの物語なのに対して、

『僕たちの嘘と真実』は、希望と成功ではじまった少女たちが、絶望と無力感へと転がり堕ちていくまでの物語でした。

アイドルグループのドキュメンタリー映画という点では同じなのに、こんなにも綺麗に正反対になるもんかね。

 

これ、

欅坂ファンじゃない人は絶対見ちゃいけない よな

と思いながら見てたけど、

 

よくよく考えたら

ファンも見ちゃいけない わ、コレ。

 

誰が見て得をするんだろう。

誰に向けた映画なのか、制作の意図やターゲット層が謎。

何が「嘘と真実」なのかもわからなかったし。

 

パフォーマンスは相変わらず最高

相変わらずパフォーマンスは凄かった。

欅坂46の圧巻のライブパフォーマンスを、映画館の大スクリーンで見れたのは、めっちゃ良かったです。

ライブ部分だけを切り取って繋げた映像なら、もう一回見に行きたいぐらい。

 

特に東京ドームの『不協和音』の保乃ちゃんの「僕は嫌だ!」は良かった。

東京ドームはDVD持ってるけど、映画にはDVDには入っていない叫び声が入ってるんだよね、多分。

あそこは凄すぎてちょっと泣きそうになってしまった。

 

得たものは、メンバーへの「失望」

今回の映画を見た率直な感想は、

ただただ、平手以外の 欅1期生メンバーへ失望した。

それだけでした。

 

めちゃくちゃガッカリしました。

特にインタビュー部分は見てて終始イライラしました。

 

具体的にどこにどうガッカリしたのかを書き始めると多分止まらなくなるのでここでは差し控えるけれども、この映画を見て得られたのは、メンバーに対する「失望」だけ。そんな映画でした。

 

一言だけ言うと、なんで追い詰められていくセンターを、ただの一友人として支えてあげなかったんや…。それだけです。本当はもっと言いたいことたくさんあるけど。

 

7月の配信ライブを見ていなかったら、多分欅坂46を嫌いになっていた。

まぁそもそも、7月の配信ライブを見てなかったら、この映画を見に行こうとは思わなかったんだけど。

 

 

僕はそれでも欅坂(櫻坂)を信じてる

散々言ったけど、自分はそれでも欅坂(櫻坂)はこっから巻き返してくれると信じているんですよ。

 

それは、7月の配信ライブが素晴らしかったから。

 

あのライブは本当に凄かった。

特にラストの小林由依の『ガラスを割れ!』には本当に心の底から感動したんですよ。

この子ら、平手いなくてもできるやん!と。

 

ライブパフォーマンスは昔から凄いと思っていたけど、

パフォーマンスのクオリティーではなく、「姿勢」や「覚悟」といった『心』の部分に対して欅坂46に感動したのは、これが初めてでした。

 

『欅って、書けない』を3年間毎週のように欠かさず見ていて、東京ドームのDVDも買ったけど、それでも欅坂46のファンではありませんでした。

パフォーマンスのファンではあったけど、アイドルとして応援したいという気持ちを抱いたことは一度もなかった。

それが、あの配信ライブを見て、この3年で初めて、「応援したい」と思ったんですよ。初めて「ファン」になったんですよ。

 

あの配信ライブを見て、僕は欅坂(櫻坂)の未来は明るいと思ったんですね。

だから映画を見て失望したけど、あのインタビューを撮ったのは過去のことで、あれから数ヶ月の間で成長して、今は自分たちだけでやっていく決意と覚悟を固めたんだと、そう信じてます。

 

 

頑張れ、櫻坂46。