にわかじこみの一般人。

おすすめの漫画・ゲーム・映画などをわかりやすく紹介していきます。

【ゲーム】好きなゲーム音楽BEST10

第10位 ファイナルファンタジーⅢ/悠久の風

www.youtube.com

ファイナルファンタジーⅢのフィールド曲。作品全体のテーマ曲でもある。苦しいくらいの懐かしさと切なさを感じさせる名曲。たったの3和音でこれほど素晴らしい曲を作れるんだから、ファミコン時代の音楽家たちは本当にすごい。いつ聴いても、FF3の広い広い世界と長い冒険の旅路を思い起こさせてくれる。作品全体の雰囲気をたったの1分強で表現し切ったFF史上最高のフィールド曲。

 

 

第9位 ドラゴンクエストⅢ/おおぞらをとぶ

www.youtube.comドラゴンクエストⅢから、空飛ぶ乗り物「ラーミア」の飛行曲。神秘的で、壮大で、それでいてどこか物悲しくも寂しくもある名曲。初めてラーミアを手に入れたとき、この曲が聴きたくてずーっと世界を何周も飛んでいた。夕焼けの世界を悠然と飛ぶラーミアとこの曲がマッチしすぎて、未だにこの曲を聴く度に夕暮れに包まれた景色が思い浮かぶ。

 

 

第8位 クロノ・トリガー/風の憧憬

www.youtube.comクロノ・トリガーより、中世時代のフィールド曲。優しくて懐かしくてだけどどこか切ない曲調が魅力的で、とても人気がある。初めて聴いたときにそれほど大きな衝撃を受けるわけじゃないんだけど、聴けば聴くほどに好きで好きでたまらなくなる不思議な雰囲気を持つ名曲。個人的な事情だけど、生涯で最も思い出深い映像のオープニングにこの曲のアレンジを使ったため、死ぬほど思い入れが強い。

 

 

第7位 クロノ・クロス/夢の岸辺に

www.youtube.com

クロノ・クロスより、アナザー・ワールドのフィールド曲。これほどゲーム音楽が大好きな人生を20年以上も送ってきて、サントラを買ったゲームは2つしかない。そのうちの1つがこの『クロノ・クロス』だ。名曲だらけのこのゲームだけど、一番好きな曲がコレ。初めてゲートをくぐってアナザー・ワールドに来て、フィールドに出た瞬間にこの曲が流れ出したときの心の震えは今も忘れられない

 

 

第6位 ファイナルファンタジー/メインテーマ

www.youtube.comファイナルファンタジーシリーズより、大半の作品のオープニングやエンディングで流れるメインテーマ。曲名もそのものずばり『Final Fantasy』。シリーズの一番のテーマ曲が一番の名曲ってのは逆に珍しい。でもこの曲の勇ましくて優しくて、聴くたびに想い出が蘇ってくるメロディーはやっぱ素晴らしい。個人的には動画にも上げているFF9のものが一番好き。

 

 

第5位 ジョイメカファイト/ホウオウ戦BGM

www.nicovideo.jpファミコン最後の名作格闘ゲームから、ラスボス、ホウオウ戦のBGM。もうね、このゲームは本当に音楽が良すぎて…。この曲に限らず全ての曲が良曲で、しかもキャラクターがめちゃめちゃポップなのにどの曲も神秘的で切なくてシリアスで勇ましいんだよね。そのせいで幼い頃はこのゲームをやりながらもの凄くシリアスなバックストーリーを想像してた。今でもこんな見た目だけどめちゃめちゃシリアスな話だと信じている。この曲はラスボス曲だけあって緊張感が凄まじい。スペシャルモードのホウオウがまためちゃくちゃ強いんだよね。何百回も挑戦して何百回もこの曲を聴いてやっと倒した時の嬉しさは一生の想い出。

 

 

第4位 ロマンシング サガ -ミンストレルソング-/決戦!サルーイン -Final Battle With Saruin-

www.youtube.comロマンシングサガ1のリメイク、『ロマンシング サガ-ミンストレルソング-』から、ラスボス戦BGM。あぁ、もう、死ぬほどカッコいい。それに尽きる。作曲者の伊藤賢治さんは、元々「四魔貴族バトル」や「七英雄バトル」など、戦闘曲がズバ抜けて得意な人ではあったけど、この曲は正に彼の集大成であり、全RPGバトルミュージックの集大成でもある。初めて聴いたとき、衝撃のあまり「かっこいい…」と一言呟いたままコントローラーを握ることができず、気が付いたら5分以上そのまま聴き入ってしまっていた。全RPG全バトル曲の中でぶっちぎりで大大大好きな一曲。ちなみにサントラを買ったたった2つのゲームのうちもう1つはこのゲーム。

 

 

第3位 幻想水滸伝Ⅳ& RhapsodiaRune of Punishment ~呪われた紋章をめぐり~

www.nicovideo.jp幻想水滸伝Ⅳと、外伝のRhapsodiaより、イベント中に流れる曲。むせび泣くようなバイオリンと語りかけるようなピアノが最高。これほどの名曲にもかかわらず、幻想水滸伝4のどこで流れていたのか全く分からないRhapsodiaでも、流れるのは主人公どころか仲間ですらないどうでもいい脇役の過去のイベントシーンのみ。だからクソゲーだって呼ばれるんだよお前は!ゲーム自体は両作とも評価に値しないクソゲーだが、この一曲に出会えただけでお金と時間を投じて遊んだ甲斐はあった。それぐらい価値のある、全ゲーム音楽の中でも最高峰に位置する名曲。

 

 

第2位 幻想水滸伝Ⅱ/回想

www.nicovideo.jp幻想水滸伝Ⅱより、オープニング曲。もうね、オープニングから「素晴らしいゲームを作ってやる!!」っていうスタッフの魂の叫びが聞こえてくるようで、凄い。そして、このオープニングで最大にまで高めた期待に全く背くことなく最後まで面白かったのは本当に凄かった。この曲も、曲単品として聴いても素晴らしいし、幻想水滸伝Ⅱのオープニング曲としても、ストーリーの切なさ、戦禍に巻き込まれていく少年少女たちのどうしようもない悲しさを見事に表していて、これ以上ないほど『幻想水滸伝Ⅱ』そのものを音楽で表現し切ってる。文句のつけようがない名曲です。

 

 

第1位 ジョイメカファイト/ガーボーグ戦BGM

www.nicovideo.jp1位は、ジョイメカファイトより、第3ステージボス、ガーボーグとの戦いのBGM。こんなにカッコよくて、懐かしくて、切なくて、綺麗な曲は他にないと思う。1音1音の音の使い方が完璧。漆黒の雷鳴が鳴り響く空を背景に、天空に聳え立つ塔の前で、感情を持たない強大な敵と戦うのに、これ以上ないほどふさわしい名曲。仲間の想いを背負い、限界を超えているのに意志の力で立ち上がる戦士の姿がこの曲の向こうには見える。ホントにもう言わせてくれ。この曲大好きなんだ。ジョイメカファイトの曲は全部好きだが中でもこの曲は特に大好きなんだ。あぁもう、この気持ちをわかってくれる人がこの世界にいるのなら一緒に酒を飲みたい。